2011年04月29日

昭和の日の祈り

歴史的な結婚式ぴかぴか(新しい)
伝統ある寺院。
夥しく並ぶ近衛兵の赤い制服。
宮殿までのまっすぐな道。
4頭だての馬車。
真っ白いドレス。
緊張した面持ちの王子の横で、
実に堂々と、そして朗らかに
手を振る妃殿下の笑顔がなんと美しい。

何もかもがまるで絵本の中のようで、
心の中に透き通った空気が吹き込んだ気がした。
おめでとうございます。
どうかいつまでもお幸せに。

11日の震災以来、
すっかり打ち拉がれてしまったように、
書くという事が一切何も出来なくなっていた。

「そのまま喋らないでいると、喉の奥の声帯が固まってしまって
 本当に声が出なくなってしまうわよ!」
集団に慣れず戸惑う小学校一年生の私に、
担任の先生が何度も繰り返し言った言葉である。
あの時の感覚に少し似ていて、
喋りたいのに書きたいのに、言葉にならなかった。

あまりにも突然、
無情に奪われていった多くの命、家族、人生、思い出。
「偶然なんてない、全てが必然であり、
その人にとって必要な事だったんだ」
と前向きに考えたい時、人はよく言う。
私もそんな考え方を真っ直ぐ受け入れ、信じていた方だと思う。
しかし今は、
こんなに悲惨な状況が、全ての人に必然だったわけがない。
ふざけるな!
運命や宿命って戯言か!
神様っていったいなんなんだ……。
などと繰り返すばかりだ。

そんな「昭和の日」のロイヤルウェディング。
ウェストミンスター寺院をふと思い出して、
15年前の写真をアルバムから剥がしてみた。

img002.jpg

だが驚いた事に、何も覚えていない(・・;
それなのに、ケンジントン公園で野生のリスと遊び、
手の平から野鳥に餌をあげていた太目(^^;)のおばちゃまの笑顔を、
はっきりと今でも思い出せる。

img003.jpg

私の思い出や幸福感とは、分相応にそんな物なのだと実感した。
だからもう、
高すぎる目標に向かって、遠い夢を追いかけるばかりではなく、
手を伸ばせばすぐに届くようなところにある
ささやかで確かな幸せをひとつずつ記憶し、
いつまでも覚えていよう。今はそんな風に思う。

最後に。
今尚、悲しみの癒えるはずのない被災地の方々に
少しでも穏やかな時間が訪れますように……。
心から「祈り」をこめて。


posted by 悠(ゆう) at 23:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

「365のみじかいお話」



出来た〜わーい(嬉しい顔)

画像 001.jpg
(左の文庫は大きさの比較^^?)

久しぶりの書籍のお仕事。
こうして形になって届いてみると、
子供の本に関われるのはやはり嬉しい。
(もちろん全篇ではないけれど)


タイトル 本
〜子どもが眠るまえに読んであげたい〜「365のみじかいお話」


日本の昔話はもちろん、
世界の名作、民話、伝記などを短くまとめたお話が一日一話。
長いお話は上下篇に構成されつつ365日分、全349話が収録されている。
(だからこんな厚みになる)

画像.jpg

書く前に原作をいくつか読んでみるのだが、
知らない話がこんなにたくさんあるものだな……と、
とても勉強になった。

なかでも歌舞伎などで多く演じられている
「勧進帳」や「青葉の笛」のような話では、
好きな部分を誇張しながら書きすすめつつ、
いつの間にか目頭が熱くなってくる(;;)

自己犠牲、恩、忠義、忠誠、節義、滅私奉公……大好き(^m^)揺れるハート
更に、男子ならばこそ持ち続けられたに違いない強靭な身体、心=魂。
たまらん。いいなぁ。。

こんな事を言って(ё_ё)遠くを見つめていると、
昔、誰かに言われた言葉を思い出す。
「○○子さんって、けーーーきょく歴史上の男性しか愛せないんじゃない(--メ)?
「え(・・)そうなの? そう見えるがく〜(落胆した顔)?ソレマズクネ?」
古人を見上げてばかりいて、
周りが見えなくならないように気をつけよう。。アハ^^

兎も角も、
シュッシュッっと指一本で操作出きる「電子書籍」も、
最近欲しいなぁ(゚ρ゚*)・・・と思うようにもなったけれど、
そんな中、こんなぶ厚い本が届いてちと嬉しいわーい(嬉しい顔)

お時間が許せば、
下記URLより「立ち読み」してみてくださいませ♪
↓↓↓
http://www.nagaokashoten.co.jp/index.htm#



posted by 悠(ゆう) at 09:49| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

穴八幡宮「一陽来復」



Mixiを通じて最近仲良くなった方の日記から
「一陽来復」というお守りの事を知り、早速それを頂きに出かけてきた。
早稲田の「穴八幡宮」、面白い名前だ。

2011.2.1-早稲田穴八幡宮 007.jpg

その名の由来は、
なんでも寛永18年(1641年)に、この八幡宮別当の放生寺建立の際、
社僧良晶が南側の山裾を切り開いている時に横穴が見つかった。

その穴からなんと!金銅の阿弥陀如来像が現れたそうだ。
なるほど、それで「穴八幡宮」…なのね目

三代将軍徳川家光は、この話を聞いて穴八幡宮を幕府の祈願所とし、
歴代将軍もたびたび参拝したと書かれていた。
以来、穴八幡宮に伝わる「流鏑馬絵巻」には、
1738年(元文3年)に奉納された竹千代(十代将軍徳川家治)誕生祝の
流鏑馬が描かれていたり、
また、明治12年(1879)には明治天皇の皇太子(大正天皇)の
「御蟲封祈祷」も行われたそうだ。
早稲田大学建設に伴い周辺の寺社は移転し、
創建当時とは異なる場所にあるものが多い中、
穴八幡宮は創建当時(1062年)から移転していない貴重な神社である。
(Wiki抜粋)

そこで、冬至の日の午前5時から、
節分の日まで受け取る事が出来るという「一陽来復」のお守り。

2011.2.1-早稲田穴八幡宮 010.jpg

冬至を境に日晴れが長くなる事から、
長い冬が終わり春に向かう事、
陰の気から陽の気になる、
即ち、仮に悪い事が続いていても
これから良い方に向かいますよ〜ぴかぴか(新しい)という意味らしいわーい(嬉しい顔)

新月でもある今日、2011年節分の夜。
上弦のお月様三日月に願い事を書き、
南南東を向いて、家族無言で恵方巻きを頂きながら、
時々
「お茶いる?」
と話しかけてしまう母^^;
「シーーー!」
と仕草だけで母を叱る息子ちっ(怒った顔)
「なんと微笑ましい風景^^;」
と噴出しそうになる私。

(間もなく)24:00、一人でこのお守りを壁の高い位置に貼る…のだが、
ちょっと行動が不気味な気もする……^^;

「一陽来復」
どうか、みんなが心も身体も健やかでいられますように(-人-)
顔も知らない小さな出会いに、感謝☆



posted by 悠(ゆう) at 23:54| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

愛しき「仲間」


新年あけましておめでとうございますわーい(嬉しい顔)
平成23年。2011年。今年一年が、
皆様にとって幸せに満ち溢れた一年でありますよう
心からお祈り申し上げます。

元旦の朝、
初日の出を浴びてほんのり赤く染まった富士山。
真っ白い雪に被われているのだけれど、
なんだか暖かそう……カシャリ。

2011.1.1-富士山 001.jpg


今年はなんとか、いや、絶対今年こそは、
穏やかに、たくさん笑って過ごせますように。。パチパチ(―人―)

ところで、
3日の朝刊に、また興味深い記事があった。
宇宙物理学者ホーキング博士の言葉で、
「宇宙には、地球並みの文明をそなえた惑星が二百万個はある」
のだそうだ。
何度か聞いた事はあったけれど、
生まれてから今日まで、確実に3回はUFOを目撃した自信のある私としては(?)
「やはり(-_-)」と思うばかり。。

だが、更に
ならばなぜ、実際にその星からの宇宙人を目にする事がないのかと言う問いに、
「地球並みの文明をもった星は、自然の循環が狂ってきて(例えば温暖化?)
宇宙時間からすると瞬間的に自滅してしまうから、他の惑星まで出かける暇はない」
と博士は答えたのだそうだ^^;
そして何よりショックなのはここ、
宇宙時間での「瞬間的」= 地球時間でなんと「百年」!!

えーーー!がく〜(落胆した顔)
行ったら帰って来れない
浦島太郎どころか死んでしまうがく〜(落胆した顔)
っつか、どこへ行ったらいいんやろ(・・;

なるほど…。
人間の体を作り上げている約60兆個の細胞。
その何割かが日々生まれ変わるように、
俗に言う「宇宙を人間の身体」だと考えれば、
一個人はその小さき一個の細胞にすぎないのか……。
その細胞が、悩んだり、争ったり、凹んだり。。
俯瞰して捉えられれば、
一時の(己の)功名心や、上昇志向など少し滑稽に思えてくる。

それよりも、
60兆個の細胞のうち、生あるうちに出会えるのはほんの数百個。
あの清清しいハンカチ王子の言葉じゃないけれど、
出会えた細胞を共に生きた「仲間」だとするならば、
その貴重な「愛しき仲間」たちを、大事に大事に生きてさえいければ
それが瞬間を生きる細胞にとっての「善き人生」なのかもしれないと、
妙に心穏やかな気持ちで過ごした2011年の正月に思ってみた(−−)ンンン



posted by 悠(ゆう) at 22:01| Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

「クリスマス〜ねえ神様〜」



大田区民ホールで行われたクリスマスコンサートに、
息子の友達と、そのお母様にお誘い頂き、
NHK東京児童合唱団の歌を初めて生で聴く事ができた。

201012231653000.jpg

元より、子供の話し声、笑い声、歌声は大好きなので、
感動するのは間違いないのだけれど…
案の定、隣でやや退屈そうな我が息子を尻目に、
どっぷりと自分だけはまってしまった^^;
その中で、ひとつ勉強になった話と、
とても感動した曲の事をお話させて頂きたいと思う。

勉強になった事というのは、
音楽家なら周知の事実なのかもしれないが、
「チェレスタ」という楽器。
誰かがるんるん天国にいるような音るんるんという表現をされたらしいが、
本当にそんな修飾がぴったりの音色を奏でる楽器だと思う。

1891年、
「チェレスタ」が発明されて、まだ5年に満たない頃のこと。
チャイコフスキーは演奏旅行の途中で
フランスのある楽器店に立ち寄った。
この時初めて「チュレスタ」を見たチャイコフスキーは、
あまりの音色の美しさに創作意欲を掻き立てられ
早速購入の手配をするのだが、楽器店の店主に宛てた手紙に、
「この楽器を誰にも見せないで欲しい。
特に○ムスキー、○ルサコフ、○ラズノフに
(○にする意味があるのか?^^;)
自分より先に使われたくない」
と店主に念を押すように書いてあったのだそうだ。

このエピソードをコンサートで初めて知った私は、
チャイコフスキーの「ちぃちゃい」部分を覗いたようで可笑しかった。

そして何より感動したのは、
一曲目の「クリスマス」作詞:谷川俊太郎サン/作曲:林光サン
子供達の澄んだ歌声で「ねえ神様、ねえ神様」
と歌われるフレーズが印象的で、のっけから涙腺が緩んだ(;;)
暗く寒い馬小屋から、地球の裏側を思い描く詩の深さ、
そのスケールの大きさにただただ感動した。

****************
あなたの降らせたまぶしい雪を
どろんこ靴で ふんづけちゃった
ねえ神様 ねえ神様
わたしをきらいにならないで

お祈りしたって 返事をしない
宇宙の果てで 昼寝している
ねえ神様 ねえ神様
わたしをきらいにならないで

みんながわたしをいじめる時は
あなたのことを考えてるの
ねえ神様 ねえ神様
わたしをきらいにならないで

馬小屋の中は 冷たく暗い
ここは明るく 汗ばむくらい
ねえ神様 ねえ神様
わたしをきらいにならないで
****************

あぁ…谷川俊太郎さん。。
BIGBELLと同じくらい(?)
とってもとっても愛していますぅぅ☆うふわーい(嬉しい顔)黒ハートなんのこっちゃ(笑)


posted by 悠(ゆう) at 17:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

お誕生日おめでとう


12月5日(日)


なんて麗らかな良き日晴れ



今日という日が終わらないうちに……。



お誕生日おめでとうぴかぴか(新しい)貴ちゃん黒ハート




f6697.png




な〜んにもあげられる物プレゼントがないけれど、変わらぬ「愛」を送ります。
(なんちゃって^^;)




昨年同様、BIGBELL貴雄王子のBirthdayなのですわーい(嬉しい顔)うふふ黒ハート




半年くらい前に書いたばかりな気がする目なんと一年の早いこと…。




何より今年もまた、おめでとうを言えて嬉しいわーい(嬉しい顔)




るんるんそこでお知らせるんるん
☆赤坂グラフティ ワンマンライヴ☆
12月26日(日)18:30〜 3400円(ドリンク別)
少し物寂しくなりがちなクリスマスの翌日、
きっと幸せな気持ちになれるはず黒ハート是非是非〜わーい(嬉しい顔)手(チョキ)




posted by 悠(ゆう) at 23:51| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

百本ノック!


息子の学校で土日に文化祭(のような)イベントがあり、
昨日は一日代休となった。
月末であれこれと細かな仕事が気になりつつも、
ここはパマ(パパ+ママ)の私。

天気の良い麗らかな日に、
ゲームに明け暮れる息子の姿など見たくない。
午後から近くの公園で、いざノック野球!?
千本ノックとまではいかなかったけれど、
軽く百本は打ったかも…。正直今日は筋肉痛ふらふらトホホ。

しかし、私のバッティング技術に難ありのため、
次はフライだの、次はショートバウンドだの、
ましてや力の加減など出来る訳がない^^;
常に真っ芯でとらえようとするので、
時々驚くほど鋭い当たりが彼を直撃するちっ(怒った顔)
すると、
取り損ねて鳩尾あたりにボールが食い込んでしまい、
次第に顔が泣き顔になってくる。

それでも、
打てば打つほど鬼と化した私の目はどんどんボッと燃え上がり、
涙目に気づかないふりをして打ち続ける。
しかし内心(ボール当たったがく〜(落胆した顔)?どこ?大丈夫ぅ?モバQ)などと思いながら、
「ボールが怖いなら野球は出来ません(−−)」
厳しい言葉を浴びせ、また打つ。
彼は涙を堪えて(――メ)ムッとしながらまたボールを追う。
ただただその繰り返し。

帰り際、
「上手になったね〜わーい(嬉しい顔)
優しい言葉をかけた瞬間、彼の緊張感が一気に緩み涙が溢れる。
「なんで今頃泣いてんの(・・?」
「だってね…ママはね…コーチよりも…球が強すぎるよ(;;)」

星一徹になりきった目で帰る私を(-_☆)キラーン
彼はいまどんな風に記憶に刻み、
大人になったいつの日か、どんな風に思い出すのだろうか。。

(ごめんね、もうちょっとノック上手になるから^^;アハ)



posted by 悠(ゆう) at 21:15| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

「ジェイソンのマスク?」



今年の2月に目の異常を感じて以来、
約8ヶ月が経過した。
最初は、
パソコンを使いすぎの単なる「疲れ目」かと思っていたら…。
なんと、「甲状腺眼症(バセドウ)」と判明がく〜(落胆した顔)
にも拘らず、日常の忙しさに感けて、
入院治療をすすめるお医者さまから2ヶ月も逃げ回っていたモバQ

案の定、視力が急激に低下。ついに観念。
今日、入院をなんとか勘弁してもらいつつ、
通院での眼底注射&放射線治療の準備をしてきた。
朝のラッシュ時に出かけたのに、帰りは7時。ふぅ〜ふらふら
そして、一日病院ツアーで作った物、
(放射線)照射用顔面マスクとメガネ。
メガネはまあまあかわいいのが出来たけれど眼鏡
マスクはまるでジェイソンだった犬
10日間、マスクを被って照射するらしい(・・;

長い間、
「健康だけが取り柄なの〜。(アホだから)風邪もひかないわ〜わーい(嬉しい顔)
が自慢だったけれど、友達からは
「あなたドエム(M)ね」
と言われる日常だった事には、確かに自覚があった。

「カミングアウトしてちょっと休むかなぁ」
なんて思っていると、
目の前に、プリップリの人参(好きな仕事)が、
キラリーンぴかぴか(新しい)とぶら下る今日この頃(笑)

えーい!くっそ〜!(お下品)
ジェイソンにでも何にでもなってやるぅ。
だからお願い、元の顔にして下さいもうやだ〜(悲しい顔)
(出来ればちょっとだけでも美しく^^;ハハハ)

そんな訳で、悠 闘っています。
前向きに頑張りますっ!
でも、水嶋ヒロ的な人、欲しい。。
綾香ちゃんガンバロネ♪



posted by 悠(ゆう) at 22:16| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

「追い込み馬」


9月26日(日)


二日間の栃木取材で、
憧れの女性に初めてお会い出来た。
99歳の詩人として、
今や「時の人」となられた柴田トヨさん。

新聞に、雑誌に、テレビにと、
引く手数多の日々に、
私たちも約2時間、貴重なお時間を頂戴する事が出来た。

行きの道中、同行したプロデューサーが
「人間は90を超えると神様の域に達するらしい」
と話されていたが、
確かに、挨拶を交わしたときの満面の笑みには、
本当に神々しい輝きぴかぴか(新しい)があったと実感。

お疲れにならない程度の量(質問)を考え、
様々な話を聞かせて頂いたなかで、
14日の朝刊に掲載された新しい詩「競馬」の話があった。
息子さんが嗜まれる競馬を、
テレビで見ていて生まれた作品なのだろうか、
その詩についてトヨさんは仰る。
「私は先に行く逃げ馬よりも、
 最後の最後で馬群を抜いて躍り出る『追い込み馬』が好きなんです」

なるほど!ひらめき
65万部を超える大ベストセラー本「くじけないで」は、
日販ブックランキングで第1位の本としても紹介されている。

「今がいちばんしあわせです」

と微笑む99歳のおばあちゃまは、
今まさに、先頭に躍り出た「追い込み馬」宛ら、
ものすごい勢いでトップを走っておられる。
本当にすごい!すごいなんてもんじゃないわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

帰り際、
「また来てちょうだいね。私は人が来るのが好きなのよ」
少し涙目でしっかりと手を握って下さった。
「ハイ!必ずまたお邪魔させて頂きますトモ。(;;)ウルウル」

画像 023.jpg

写真は、
今発売中の人気女性雑誌【SPUR―11月号】に
トヨさんの記事が掲載され、
そのページをご覧になっているトヨさん。

posted by 悠(ゆう) at 00:38| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

「日本のおかしな夏」



113年に一度の猛暑日連続を記録したらしい今年の夏。
息子が通う野球チーム野球のコーチは
「君たちのおじいちゃんおばあちゃんも経験した事のないような日本の夏。
君たちはそれを経験出来て…いや〜ラッキーだったね!」
冗談めかして子供たちに話しておられた^^;

そもそもポジティブで純粋な野球少年たち、
「すっげ〜ラッキーなんだ☆」
と、吹き出る汗と泥にまみれた笑顔を輝かせ、
亜熱帯と化した「日本のおかしな夏」を
明るく、かわいく、健気に乗り切っている。

はぁふらふらそれにしても暑く、長かった夏休み。
息子の宿題もようやくすべて終わり、
いよいよ月曜日から新学期。
数日前に、読書感想文を(少しだけ)手伝っていて読んだ本本
「マザーテレサへの旅」
手伝っていたつもりが、
気がついたら自分がその本を読み耽っていた^^;

その一節を少しだけ。。
「愛」の反対は「憎しみ」ではなく「無関心」であり、
「貧しさ」とは「お金がない事」ではなく「愛のない事」である。
と書かれていた。
言い古された表現なのかもしれないけれど、ひどく頷けた。

そうだよなぁ(・・;
仮に意見が食い違っても、喧嘩してでも、
相手に何か伝えようとしているうちは、
十分に愛情があるものだと確かに思う。
双方「本気」になれる相手が居るというのは良いものだし、
実はとても幸せなこと。
でも片方だけ「本気」じゃ駄目だし、それじゃ寂しい。
などと、どんどん入り込み暫し熟読。(ママ本カエシテ目)(チョットマッテネあせあせ(飛び散る汗)

(もうすぐ)明日9月5日は、
いみじくもマザーテレサが昇天された日である。
これも何かのご縁(・・?)イヤ、オソレオオイ。
改めて、偉大なる存在に心から合掌(-人-)
こうして息子の感想文は必要異常に時間がかかってしまった^^;

さてさて、
酷暑が続く「日本のおかしな夏」は、
9月もまだまだ続くらしいがく〜(落胆した顔)
それでもふと。
多摩川のグラウンドで見上げた空に、
20100903うろこ雲.jpg

こんな「うろこ雲」を見つけた目(3日)
「秋だ〜わーい(嬉しい顔)!」
この日の空を見て、
恐らく多くの人が「ほっ」とされたのではないだろうか。
(また)何が言いたいのかわからなくなってきたけれど^^;

取り敢えず、良かった〜♪^^なんとか秋は来そうかな〜。



posted by 悠(ゆう) at 23:39| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。