2011年01月04日

愛しき「仲間」


新年あけましておめでとうございますわーい(嬉しい顔)
平成23年。2011年。今年一年が、
皆様にとって幸せに満ち溢れた一年でありますよう
心からお祈り申し上げます。

元旦の朝、
初日の出を浴びてほんのり赤く染まった富士山。
真っ白い雪に被われているのだけれど、
なんだか暖かそう……カシャリ。

2011.1.1-富士山 001.jpg


今年はなんとか、いや、絶対今年こそは、
穏やかに、たくさん笑って過ごせますように。。パチパチ(―人―)

ところで、
3日の朝刊に、また興味深い記事があった。
宇宙物理学者ホーキング博士の言葉で、
「宇宙には、地球並みの文明をそなえた惑星が二百万個はある」
のだそうだ。
何度か聞いた事はあったけれど、
生まれてから今日まで、確実に3回はUFOを目撃した自信のある私としては(?)
「やはり(-_-)」と思うばかり。。

だが、更に
ならばなぜ、実際にその星からの宇宙人を目にする事がないのかと言う問いに、
「地球並みの文明をもった星は、自然の循環が狂ってきて(例えば温暖化?)
宇宙時間からすると瞬間的に自滅してしまうから、他の惑星まで出かける暇はない」
と博士は答えたのだそうだ^^;
そして何よりショックなのはここ、
宇宙時間での「瞬間的」= 地球時間でなんと「百年」!!

えーーー!がく〜(落胆した顔)
行ったら帰って来れない
浦島太郎どころか死んでしまうがく〜(落胆した顔)
っつか、どこへ行ったらいいんやろ(・・;

なるほど…。
人間の体を作り上げている約60兆個の細胞。
その何割かが日々生まれ変わるように、
俗に言う「宇宙を人間の身体」だと考えれば、
一個人はその小さき一個の細胞にすぎないのか……。
その細胞が、悩んだり、争ったり、凹んだり。。
俯瞰して捉えられれば、
一時の(己の)功名心や、上昇志向など少し滑稽に思えてくる。

それよりも、
60兆個の細胞のうち、生あるうちに出会えるのはほんの数百個。
あの清清しいハンカチ王子の言葉じゃないけれど、
出会えた細胞を共に生きた「仲間」だとするならば、
その貴重な「愛しき仲間」たちを、大事に大事に生きてさえいければ
それが瞬間を生きる細胞にとっての「善き人生」なのかもしれないと、
妙に心穏やかな気持ちで過ごした2011年の正月に思ってみた(−−)ンンン



posted by 悠(ゆう) at 22:01| Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家から富士山は裏のエレベーターに向かう通路側になるので、寒い朝に見に行こうとは思わない、特に今年は元旦は酔っぱらって、ダウンしてましたしね(^^ゞ
でも、とってもキレイです。

さて、ホーキンス博士のお話。
まず、その数字の桁数が実生活と違いすぎるのでピンときません。
さすが、天才。

悠さんがご自身のホームぺ-ジのトップにも書いていらっしゃるように、この雄大で膨大な宇宙の中のほんの一瞬に、ちっちゃなちっちゃな一つずつが出会ったり、すれ違ったり、場合によってはぶつかったり…

でもね、私、思うのですけれど、ちっちゃなちっちゃな一粒だって、意志も意味も意義もある。
ただ、いかんせん俗物の自分自身を思うと、虎のように毛皮でも残せればいいけれど、そうじゃない凡人は、膨大な数の中で出会ったモノ(物でも者でも)の役に立つことができることがすべてかなと。

んーん、悠さん、UFO3回もご覧になったのですか?
私、UFOはおろか、流れ星も見たことがない。

そうそう、今度はしぶんぎ座流星群なんですって。お星様大好き人間が言っておりましたが、「しぶんぎ座」ってご存知?
Posted by ぴぃまま at 2011年01月04日 22:52
ぴぃままさん^^

「しぶんぎ座」て…(爆)
なんだかあまり耀かないイメージ^^;
また、笑わせてもらいました。

そうそう、UFO見たのはちょっとだけ自慢なんですが
あまり信じてもらえません^^;
千駄ヶ谷上空で見たのなんざぁ、
それはそれは巨大なものでした。。

「役にたつこと」
ほんと、それさえ出来ればそれが全てですよね…。
いつもありがとうございます。

Posted by 悠 at 2011年01月05日 00:55
悠さん
新年あけましておめでとうございます
体調や、お仕事、ご家族のこと
今年もファイト!!です
またブログでの会話とても楽しみにいたしております。

とてつもない数字が並んだ今年初ブログ。難しい事は解りませんが
私は、落ち込んだ時 空・海・大地を見るのが好きです。
自分のちっぽけさを、思い知らされます。

60兆分の数百個の「愛しき仲間」
偶然にもいや必然として出会った仲間
本当に人生の財産だと思います。
悠さんの仰るとおり大事に大事に生きて行きたいと思います。

このように、穏やかに考えられるのは、のんびりとしたお正月の空間のおかげかな?
毎年、この時期誓うのですが、年末になると反省ばかり(笑)

こんな私ですが、今年もよろしくお付き合いくださいませ。
Posted by スマイル at 2011年01月05日 10:10
悠さん こんにちは
壮大なお話やね

自分の立ち位置をどこに置くか
そんな事考えちまったよ

広い宇宙の一点から俯瞰出来る人ってきっと心のお広い包容力あるぞ、みたいな人っぽい

止まることのない時間の中に自分を預けられる人って変化を恐れたりしないんだろうね、勇気くん

いろんな引き出しを自在に使える悠さんは感性のお人

迷った時に還れるとこある人には安心があるよね

ちなみにボクは細胞派(笑)
お話の内容の細胞とちと違うけど細胞ちゃんにお任せ

そこに時間も空間も目的ももろもろ入ってると感じてるからさ


追記;ブログのコメントありがとう
   今年も○○○○!!
             D
Posted by Dちゃん at 2011年01月05日 13:39
UFOを3回目撃したってこと信じるょ。

悠ちゃん、私はアトムに逢ったことあるんだょ。
保育園のころ、たしか午後4時か5時で夏
それを話すとね、みんな「え〜っ?」って顔をするんだけど本当の話なんだから。


60兆個の細胞の「愛しき仲間」たちを、大事に大事に生きて・・・ってブログのコメントには
とてもトンチキなことを書いてしまいました。

が、これからも悠ちゃんのブログ楽しみにしています。トンチキなコメントはトンチキな頭からでてきてしまいます・・・(どうしよう・・・)

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ☆ミネ☆ at 2011年01月05日 15:47
壮大な話ですね。
家のベランダから左を見るとスカイツリー、の人工物
右を見ると富士山、の天然物。
左を見ると人間の力をまざまざと見せつけられ、
右を見ると自然のすごさを感じられ、なんだかなあ、のベランダ。
60兆個もの細胞は自分の意志とは関係なく日々進化し、動きまくっていてくれる。ありがたいねえ、だからというんじゃないけれど、一人の人として他人様にどれだけ役に立ててるのかな?と思いをはせれば、う〜〜〜ん疑問?????????。
あっ、いけない。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
ということで、北山修さんの言われるように
今年は心の裏側を見て動きまくろうかなと考えます。
じじいとしては一日一日をめいっぱい懸命に生きていきます。
意味不明だったかな?
Posted by higejiji at 2011年01月05日 15:56
スマイルさん♪

改めまして、
明けましておめでとうございます。
恒例の土地で過ごされたお正月はいかがでしたか?

本当に折に触れ、
たくさんの思いやりや優しさを投げかけてくださるスマイルさん。
「仲間」などと言わせて頂くには100年早いのかもしれませんが、
そこを敢えて、大切な「仲間」と言わせて下さいね(*^-^)
こちらこそ、これからも末永くよろしくお願いします。

それにしても、「必然」という言葉は、
全てを更に愛おしくさせてくれますね。
ありがとうございました。



Posted by 悠 at 2011年01月05日 22:12
Dちゃん

ありがとう〜♪
最高の褒め言葉^^;恐縮しきり…です。

でもね、、その実は、
「いろんな引き出しを持っているように見せかけて、
 感性を磨きたくてうずうずしているだけの人」
なのです。。グスン 頑張るじょ!

大ちゃんの「細胞」はキラキラしてて元気そうだなぁ(゚ρ゚*) ボー
おっと失礼、姉さんはただただ羨ましくて(笑)

ブログ開設、なんだか嬉しいです☆
初コメ失礼してみました^^
今年も○○○○!←これ笑えた〜♪
Posted by 悠 at 2011年01月05日 22:15
☆ミネ☆ちゃ〜ん

おかえりなさ〜い♪
寒かったかぃ(道弁)ケンジントン公園は行った?
あそこで私、野生のリスと遊んだよ^^
いいなぁー☆行きた〜い!また話聞かせてね。

おっと、そうそう。アトム!キャハ!!今、大声で笑った^^;
(゚▽゚=)ノ彡☆バンバン
↑こんな態度でも絶対信じるかんね(・・)ウン
大笑いしているのは、アトムを見つけて目が点になっている
小さな☆ミネ☆ちゃんがかわいくてかわいくて笑ってます^^;
その件、今度ゆっくり聞かせて欲しいです。

楽しみにしてくれてありがとう♪
今年もよろしくね。

Posted by 悠 at 2011年01月05日 22:27
Higejijiさん

今年もよろしくお願いします^^
あんなに素晴らしい「弦」を奏でるお方が、
役になってないなんてこたぁ絶対ないです。
私が保証いたしましょう♪

さてさて北山修さん。
どうして九大教授を退官されたのですか(・・?
ものすごーく講義を聞いてみたかったです。
「心理学」と「音楽(作詞)」
「心の裏側」と「表現する(される)言葉」
とても関係が深いと私も思います。
「言葉」って奥が深いですね。。

一日一日を一所懸命に……。
これも同じくです(^^)v頑張りましょうね。

追記:イラストすごく上手やね(・・)


Posted by 悠 at 2011年01月05日 22:52
明けましておめでとう!
・・・は、もう言ったか(#^.^#)

2011年も、さすが悠!
言ってることが、奥深いw〜♪
凡人の私には、貴女の物事の考え方やお言葉に、
毎回「ほぉ〜〜!」って、関心させられてるんよ♪
今年も楽しみにしてるよ〜〜〜(●^o^●)

上手く言えないけど・・・
そのちっちゃな細胞の奇跡的な出会いに感謝♪
今居る、この位置(?)にも感謝♪
当たり前に日々生きてるけど、もっと物事の有難さを感じて、人生を大切に生きて行かんといけんね!

去年は、何より今の私に感動や勇気を与えてくれる悠との再会に感謝♪

あぁ・・・今年こそは私も”文才”が欲しいよ(涙)

お粗末君ですが、今年もよろしく〜(^O^)/


Posted by ぱっち at 2011年01月06日 23:33
ぱっち〜♪

私こそ、再会に感謝してるよ〜☆
こちらこそ今年もよろしくね〜(^O^)/
っつか、文才これ以上つけないでいいって^^;
私の仕事がなくなるっつの(笑)
この間「塩おむすび」の話をぱっちに聞いてから
ずっと探してるんだけどないの(・・

「かもめ食堂」っていう映画を最近観てね
なんとなく主人公の女性(小林聡美)の
凛とした雰囲気がちょっとぱっちのイメージ被るんだ^^観た?
フィンランドで「かもめ食堂」って食堂をやってる坦々とした映画なんだけどね、

それ観たら、
どうーしてもその「塩おむすび」が食べたくなったのと、
フィンランドに行って白夜を見たくなったよ〜(^^)
行こうか♪老後v(。・・。)ネッ♪
Posted by 悠 at 2011年01月07日 04:13
再コメントです。すみません・・・

今朝の新聞に岡本眸さんの一句

[温めるも 冷ますも息や 日々の冬]

が紹介され、息はかじかむ指を温め、熱い雑炊を冷ますことが出来る
そして、[息]という字は[自]と[心]が組み合わされた形

深いです。感動派の私は、朝から清々しい気持ちになりました。
無意識の愛情・ささやかな幸せの原点かも解りませんね。

悠さん(^_-)-☆
ついお話ししたくてごめんなさい
Posted by スマイル at 2011年01月07日 11:04
スマイルさん♪

再コメ嬉しい限りです^^
「自」と「心」ですか。
温めたり、冷ましたり…なるほど。。
ん?やはり相対的だったりしているのでしょうか(・・)
ホント、深いですねぇ。

「無意識の愛情」を抱ける人は、
生きている幸せを多く感じ取れる人なのでしょうね^^

スマイルさん、
素敵な句を、ありがとうございました(^_-)-☆
Posted by 悠 at 2011年01月07日 17:23

凛とした雰囲気ねぇ〜
ねえよ!私には(笑)

でも、良いように勘違いしてくれて、嬉しいよ。
ありがと♪

老後にフィ・・フィンランド?
私には想像つかん国だ・・・
今度是非「かもめ食堂」とやらを観てみよう!

えっ???「塩むすび」ないの・・・?
こっち限定だったっけ?
調べてみるね。
Posted by ぱっち at 2011年01月08日 21:20
二度目です(笑)
「かもめ食堂」に反応しました(笑)

邦画をほとんど観ない(宮崎駿だけは観てます。いったい,幾つなんだか)私が好きな邦画の一つです。

小林聡美、もたいまさこ(これに室井滋となったら「やっぱりネコが好き」になっちゃいます。あれも好きでした)、片桐はいりが出ていて、時が東京の24時間が36時間くらいかかってしまいそうな、あの映画、良かったです。

私はシナモンロールが食べたくなったのですが。
でも、あの映画に出てくる和食って、本当に「昭和の家庭の味」です。
塩鮭じゃなくって「塩ジャケ」なんですもの。

あのスタッフによる「めがね」のご飯もおいしそうでした。
飯島奈美さんのお料理がおいしそうなんでしょうね、きっと。

「コピ・ルアック」
Posted by ぴぃまま at 2011年01月08日 22:01

ぱっち〜

是非、観てみて^^
最近借りたDVDの邦画では、
かなり良かったなぁ。。
ほんわか幸せになった感じ。

「塩むすび」
ないのよ〜(・・;
「わかめおにぎり」はあるんだけどね。
違う店舗も行ってみる☆
…て、何もそこまでしなくてもってか^^;?
Posted by 悠 at 2011年01月09日 01:19

ぴぃままさん^^

二度目大歓迎☆
そして嬉しい〜(^^)/
「かもめ食堂」
仰る通り!!何よりあの映画の時間の流れ方が良くて…。
フィンランドで暮らしたくなりました(笑)

久々になんとも言えない幸福感が残って
本当に良かったです♪
シナモンロールも確かに食べたくなりました^^;
あ〜思い出した(゚ρ゚*)
Posted by 悠 at 2011年01月09日 01:26
なんとなく流れに乗ってみた(笑)
二回目おじゃまします


「やっぱりネコが好き」「かもめ食堂」
大好物です(笑)

お店出したばかりのDは「かもめ食堂」意識してます(笑)
食堂やってる訳じゃないけど

笑顔・不動心・日常・こだわり・思い・笑い・色・思いやり・適度な軽さ・品格…

などなどいろんなメッセージを五感を通して温かく感じてます

ブログのコメントと全然関係なくてゴメンだよ(^_-)-☆

      D
Posted by D at 2011年01月09日 14:18
Dちゃん^^

きゃ〜!
ここにも「かもめ食堂」ファンがいた☆
なんか思わぬ話題で盛り上がって嬉しい〜。

ホント、言葉で表現しきれない良さ。
Dちゃんが言うように、五感を通していろんなメッセージが
こめられているからなんだろうね^^
あ〜。。
幸せになりたいから、もっかい見よっと(笑)
Posted by 悠 at 2011年01月09日 15:23
すみません、3回目になります(<m(__)m>)
しかも、ブログの内容からどんどん遠ざかって行きます(^^ゞ

私の感じる、あの映画のよさって、ほんとうに日常がせせこましくなくて、ゆったり流れる時間と、画面の色だと思います。

匂いがしてきそうな食べ物も好きなのですが、私が好きな場面のその1が、小林聡美が客の全く来ない店をほっぽり出して、プールでゆったり泳いでいるところ。

その2が荷物が何処かへ行ってしまった、もたいまさこがキノコを探して森の中をさまよい歩くところの、森の深い緑色。

日本からはるか離れたフィンランドで、日本の女性3人が、現地の人たちが多分見たことも食べたこともない、和食の家庭食を美味しそうに食べている。

これだって、天文学的数字の細胞の極々一部が出会ったということだと思うんですよね。
あの映画の良さは、そういうことを大上段に振りかざさずに、さらりと流して、でも、何処かに意識させて優しい気持ちにさせる、ということのような気がします。

そのために、あの画面から匂いが漂ってきそうな、料理があったのでは?

このあたりで、流れを元に戻せたかな?(笑)

コピ・ルアック
Posted by ぴぃまま at 2011年01月09日 15:53

ぴぃままさん^^;

流れを元に…。
ありがとうございます。

遥か遠く離れた国という印象がありますが、
実は日本から一番近いヨーロッパなんですってね(・・)

コピ・ルアック^^
時間をかけて豆をガリガリと挽き
ポタポタゆっくり落としていく。
こんな時間を早く取り戻したい(T_T)
Posted by 悠 at 2011年01月09日 17:49

いやいや〜(^^ゞ

面白いw!!!

「かもめ食堂」の話題に逸れて、ここまで繋がるとは♪

こうなったら、意地でも観なくっちゃ(^O^)/

「かもめ食堂」ファンの皆様のコメントで
この映画に大変興味を持ちました♪

私も観て、ほっこり、暖かい気分に浸ってみたくなりました。

ありがとうございました♪
Posted by ぱっち at 2011年01月10日 01:02
ぱっち〜

あはは"(゚▽゚*)♪
「〆」
ありがと☆ 観てね。
Posted by 悠 at 2011年01月10日 08:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。