2010年09月27日

「追い込み馬」


9月26日(日)


二日間の栃木取材で、
憧れの女性に初めてお会い出来た。
99歳の詩人として、
今や「時の人」となられた柴田トヨさん。

新聞に、雑誌に、テレビにと、
引く手数多の日々に、
私たちも約2時間、貴重なお時間を頂戴する事が出来た。

行きの道中、同行したプロデューサーが
「人間は90を超えると神様の域に達するらしい」
と話されていたが、
確かに、挨拶を交わしたときの満面の笑みには、
本当に神々しい輝きぴかぴか(新しい)があったと実感。

お疲れにならない程度の量(質問)を考え、
様々な話を聞かせて頂いたなかで、
14日の朝刊に掲載された新しい詩「競馬」の話があった。
息子さんが嗜まれる競馬を、
テレビで見ていて生まれた作品なのだろうか、
その詩についてトヨさんは仰る。
「私は先に行く逃げ馬よりも、
 最後の最後で馬群を抜いて躍り出る『追い込み馬』が好きなんです」

なるほど!ひらめき
65万部を超える大ベストセラー本「くじけないで」は、
日販ブックランキングで第1位の本としても紹介されている。

「今がいちばんしあわせです」

と微笑む99歳のおばあちゃまは、
今まさに、先頭に躍り出た「追い込み馬」宛ら、
ものすごい勢いでトップを走っておられる。
本当にすごい!すごいなんてもんじゃないわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

帰り際、
「また来てちょうだいね。私は人が来るのが好きなのよ」
少し涙目でしっかりと手を握って下さった。
「ハイ!必ずまたお邪魔させて頂きますトモ。(;;)ウルウル」

画像 023.jpg

写真は、
今発売中の人気女性雑誌【SPUR―11月号】に
トヨさんの記事が掲載され、
そのページをご覧になっているトヨさん。

posted by 悠(ゆう) at 00:38| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浅学にして、柴田トヨさんを存知あげなかったのですが…

90歳過ぎると人は神の域に達するらしいというプロデューサーさんのお言葉ですが、そうなのでしょうね。
まぁ大概の凡人はそこに到達する前に、子どもにかえってしまうのでしょうけれど。

ご自分の言葉でご自身のことを表現できる、しかも、スタートが90歳過ぎてとなると、そうとう明瞭な脳細胞をお持ちなのだと思います。

私の親戚の医者共の一人が申しておりました。
ヒトはオギャーと生まれたその瞬間から、等しく「死」にむかってすすんでいくものなのだと。

だとしたら、柴田媼のように著作は残せなくても、せめて世間様に後ろ指をさされないように生きていたいと思いました。
それはそれで、凡人にとってはとんでもない課題なのだと思うのですがね。

悠さんにとっては、素敵な出会いができて、良かったですね。
Posted by ぴぃまま at 2010年09月27日 20:12
いいなあ、いいなあ。
今一番輝いている女性かも。
産經新聞に朝の詩のコーナーに載るんですよね。
毎朝読んでますよ。柴田さんも時々載るんです。
いつもすごいなあと思ってました。
本が出ている事も知ってますし大ベストセラーに
なると確信しますよ。
神の世界か。ほんとそうかもね。
でもいいなあ、いいなあ。
出会いは必然、会えるべくして会えたんだね。
悠さんの生き方の賜物だね。
人は素晴らしい、すごい!
あらためてそう思います。
こちとらは腕を10針も縫うけがして
落ち込んでいたんですけれど、なんかそんな出会いをしてきた
悠さんの嬉しそうな文を読んでたら、なんちゅうことない。
時間が経てば治るんだとなんだか嬉しくなっちゃた。
そうそう、それもきっと良い時間なんだよね。
ありがとね。明日はきっともっといい日だぞ〜〜〜〜〜〜。
Posted by higejiji at 2010年09月27日 20:38
ぴぃままさん

先ずは、
ぴぃままさんが「浅学」などと言うことは、
あり得ませぬ^^;
私もテレビや雑誌では一度も拝見した事がなく、
新聞だけの情報でした。
ここ数ヶ月の実売部数には、本当に驚きました☆

「凡人はそこ(90)に到達する前に子供に…」
なるほど(・・)そうなのかもしれませんね。
私なんざぁ、子供に返るどころか、
4?年間、5歳くらいの子供のまんまです^^;ハハハ
しかし「課題」忘れずにいたいです。
ありがとうございました。
Posted by 悠 at 2010年09月28日 08:18
Higejijiさん

いつもありがとうございます。
そうそう、産経の一面の朝の詩です♪
しかし、
本当にあの新聞には縁があり驚かされます。
Higejijiさんもご購読者でしたか^^ビックリ
トヨさんや息子さんに、
これからも何度かお会いする事になりそうです。
本当に勉強になります。

それより、10針の怪我(@@;)
ど、ど、どうしたの?大丈夫なのでしょうか?
腕って、もしかして間もなく大仕事が…。
Posted by 悠 at 2010年09月28日 08:37
悠さん♪素晴らしい方と巡り逢われましたね。

凄い!柴田トヨ様
この年齢まで感性が、好奇心が・・・・
我が身を思い、考えられません。
でも是非一日でも長くそうありたいと願います。

「逃げ馬」トップでいることは気持ちがいいですよね。
でも維持するためのプレッシャーも並大抵では無いでしょう。
「追い込み馬」格好良いですね。
でも私自信有りません、挫折してしまいます(笑)

幾つになっても、日々勉強と言うことですね。

前向きなブログ有り難うございました。
ガンバロウ!!(自信なさげ(笑))
Posted by スマイル at 2010年09月28日 12:35
スマイルさん♪

そうなんです☆
トヨさんが詩をはじめられたのは、
なんと90を過ぎてからとの事。
私なんて、
まだ折り返し地点に過ぎず^^;
月並みですが、本当に勇気を頂きました。

「この年になって、何かをしっかりと掴まえていなければ、
 ただぼんやりと生きていたのでは寂しすぎますから…」

と、そのお言葉には「孤独」を受け止めた上での痛みや、
そこから這い上がろうとする力強さを感じました。
ガンバロウ!!(から元気(笑))
Posted by 悠 at 2010年09月28日 15:24
悠さん、こんにちは^^* 初書き込みです。

65万部ベストセラーは、どんな詩なんだろう?と思い
動画で、柴田トヨさんご本人が郎等してるのを聞いてみました。
うまく表現できませんが、深くて広くて、重みがあるけど軽いような・・・
どこか超越したような世界観を感じます。
もうすぐ100歳になられるのでしょうか?
この年代の方とお会いし、お話出来るようなチャンスは
そうそう無い事ではないでしょうか。
色々な意味で、貴重な出会いでしたね^^
Posted by Maruko at 2010年09月29日 14:32
再度コメントすみません。

「くじけないで」拝読いたしました。
悠さんが言われる
<「孤独」を受け止めた上での痛みやそこから這い上がろうとする力強さ>
ひしひしと感じます。

決して明るさだけでは無く、必死で何かを乗り越えられようとされている力強いお姿
勝手な私の考えですが、
拝読前に想像していた特別な99歳では無く
ごく普通の99歳の方の
純粋な感性・全てへの感謝の気持ち・心の持ち方
(それを表現出来る事は、特別な方かも解りませんが)
涙を誘いました

悠さん素敵な詩集をご紹介いただいて有り難うございました。
Posted by スマイル at 2010年09月29日 18:18
Marukoさーん♪

こんにちは(^^)
初書き込みすごく嬉しいです。
動画があるんですね〜!知らなかったぁ。
仰るように、
「深くて広くて…どこか超越した世界観」
その通りだと思いました。
来年の6月で満100歳を迎えられます^^
1世紀です☆素晴らしい。

確かに、
明治生まれの方と話すなんて、
子供の頃に祖母と話した記憶くらいで
それだけでも本当に貴重な体験でした。
また遊びに来てくださいね。私も海を越えて行きますぅ♪
Posted by 悠 at 2010年09月29日 19:49
スマイルさん♪

流石〜☆
いつも思いますが、その行動力と探究心^^
何よりスピード!大好きです。
そして、しっかりと感じ取られたように
決して「特別」ではない、
ごく普通のおばあちゃまなのだと私も思います。

それにしても、明治〜平成。
弾丸が砕け散る中で、
毎日「生」と「死」の狭間を潜り抜けて来たような方々の言葉は、
何を仰っても私には神の声のように聞こえてきます^^;
Posted by 悠 at 2010年09月29日 20:14

広い世界で 刺激や影響を受けられるお仕事・・・羨ましいな〜♪

悠は幸せだね(^_-)-☆
悠だからトヨさんからのメッセージを人に伝えられるような気がする。

トヨさんも悠もきっと心が純粋なんよね。。。
自然体で生きてる気がする。

私は無理かな〜心がひねてる↓
特に最近(-_-;)

ごめん・・・今ちょっと滅入ってて↓

こんなときに、悠の日記は心に沁みます。
ありがとう。

※意味不明なコメになっちゃった(汗)
 ごめんよ。




Posted by ぱっち at 2010年09月29日 22:22
ぱっち〜

刺激や影響を受けてはいるけれど、
裏道ばかりを歩いていて^^;
なかなか日の目を見ませぬ(笑)ガンバル!

ぱっち!どうした^^
・・・でもね、なんかね、わかる気がする時があるよ。
要塞(守ってくれる殿方)なんて何もなくて、
重たい荷物(家族の人生)を背負って、
女だてらに前戦(仕事&経済)で闘っていると、
生傷が絶えないよね(;;)
私が男だったら今すぐ行って背中を撫でてあげたいぃ♪
(って全っ然的外れだったら可笑しいね^^;)
ゲンキダセ〜!!
Posted by 悠 at 2010年09月30日 00:27

ありがと〜♪

やっぱ、表現上手すぎやし〜(#^.^#)
読んでて感心したよ。
「ほぉ〜!」ってネ。
気持ちを分かってもらえて、楽になったよ。

時々、突発的に襲ってくる”凹み病”
また症状出たら、悠んとこにお邪魔するわ(^^ゞ

ありがと♪何か元気になった!

Posted by ぱっち at 2010年10月01日 19:27
ぱっちぃ♪

こちらこそありがとう〜☆

()つけていちいち説明するなら
回りくどい言い方すな!って感じだよね^^;

私も凹み病、
ゆる〜いリズムで年に1〜2度あるある。
近かったら飲みたいくらい。
また来てね チュ(゚・^*)
Posted by 悠 at 2010年10月02日 09:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。