2010年02月17日

「二つの顔」

文久二年の今日、二月十七日。
人口約6200人(当時)の小さな町、
島根県津和野町に明治の文豪が誕生した。
森林太郎、後の 森鴎外 である。

藩校では神童と称えられたほど実に優秀な子であり、
子供には難解な本も、一度音読をしただけで言葉の意味を理解したという。

しかし、道ばたで花を摘んでながめているようなところや、
「犬がこわい」と屋敷町を歩けず、近所の子どもたちに
「女々しい」と苛められてしまうような弱々しい面も持ち合わせていた。
神童といわれた顔と、女々しいといわれた顔。
「二つの顔」が、後に陸軍軍医として果敢に政治にも関わっていく鴎外と、
あまたの作品を残していった文学者としての鴎外になったのだろうか。

明治17年、軍医としてドイツへ渡った鴎外は、
再び「二つの顔」に揺れ動く。
個人主義的な西洋の考えと、個人のことより家や国家を重んじる日本的な考え。
武士の家に生まれ、道徳教育がしっかりと根付いている鴎外とは反対に、
文学者としての鴎外は、学問や芸術で表現の自由を求めていた。
個性を生かせる西洋の考えに少しずつ心を傾け、
祖国日本に対し違和感を感じることもあったという。

ところが明治四十五年。
そんな鴎外を一気に傾倒させるような出来事が起こった。
それは、
明治天皇崩御につづき、天皇を崇拝していた陸軍大将 乃木希典 の殉死であった。

鴎外は甚く衝撃をうけ、
「乃木大将の殉死は、日本人の精神の原形である」として、
この日を境に、日本を形成してきた精神を武士社会に探りはじめる。
乃木大将殉死の日から、五日間で書き終えた『興津弥五右衛門の遺書』をはじめに、
森鴎外の歴史小説は、正にこの時からはじまっていく。
鴎外は晩年、自ら「乃木流」と称し、
家にいる時も金巾のシャツと軍服のズボンをつけて過ごし、
軍刀を側において寝ていたほど乃木大将を尊敬しつづけていた。

大正十一年七月九日。
袴を身に着け、痛みに我が身が乱れぬよう腰を支え横たわる鴎外。
その最期は、死の床にまで凛として旅立つのだという、
まさに武士の姿であったように思う。

時は平成二十二年。
バンクーバーオリンピックに日の丸を背負って出場し、
腰パンで一躍有名になった彼は、
「自分にとってオリンピックは特別なものじゃない」と嘯く。

その反面、
38歳で自身五回目の出場というスケート選手。
「アラフォー世代に、これからの日本をもっと動かして欲しい!」
「だから私が頑張るのだ!」
と、彼女の輝くような美しい笑顔は涙をさそった。
もしかすると、
これこそ今の日本人にある「二つの顔」なのかもしれない。

彼女の笑顔に、日本の美しさと凛とした強さのようなものを感じ、
ふと鴎外の誕生日を想った。




posted by 悠(ゆう) at 22:13| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今朝新聞を読み、悠さんのブログを拝見して、同人物が登場していました。
「腰パン」です。新聞では彼の「もう一つの顔?」「優しい心」が語られていました。
正直記事を読み、ホットした自分がいたのは、否めませんでした。

人には、「二つの顔」が必ず有るような気がします。
それで救われている部分も、沢山有ると思います。
大きくは世界・国・そして個人個人まで「二つの顔」が葛藤してこそ進歩が有るように感じます。
上手く表現できなくてすみません。

<森鴎外> 作品は拝読したことは有りますが、
「凛」とした面と「女々しい」面、魅力有りますね。
Posted by スマイル at 2010年02月18日 12:25
スマイルさん

私もその記事読みました。
もしも彼があの姿で「忠義」などを語ったら、
もっと(?)格好良かったのに…と
自分の好みで勝手な想像をしていました^^;

誰の中にも「二つの顔」
あって当然ですよね(^^)
私も確かに三つも四つもあるかな…(笑)

鴎外は一時はまりました(・・)
ドイツから追ってきた女性の気持ちが少しわかるような、
本当に魅力的な方だと思います☆

Posted by 悠 at 2010年02月18日 17:56
確かに二つの顔を持つってことはあると思います。
腰パンの彼にしてもじぶんのスタイルを貫いているのかも。
もしかしたら一流の武士かも。って思っている自分も居ます。
というのはマスコミにもその責任があって、あれだけたたかなくてもいいじゃない。
それだけの正義があるのかいと感じる事もあります。
そう言いながら野球にしてもサッカーにしても移動するときには
きっちりとダブルのスーツなんかで決めてます。それがかっこいいと
思う自分がまあ一番好きですけれども。
鴎外のその生き方はいまの日本には忘れられた正しく日本人!
今の日本のトップ達にもと考える事は少々危険かな?
ただひとつだけ弱気かもしんないけれど
時は流れている、その流れにあえて流されることはしなくてもいいけれども、違う次元で流れている。
そんな気がしてならない今日この頃です。
人の想いを素直に感じたいなあ。そんなここんところの
毎日です。ちょっと疲れてるかな?
よし明日リポビタンDスーパーを飲もうっと!
Posted by higejiji at 2010年02月18日 21:13
Higejijiさん

んん(・・?
ダブルのスーツ…。
ちょっと想像がつきません(笑)

疲れているんですか?大丈夫?
さあ!今日は(愛してやまない)高橋大輔くん♪
元気を出して応援しなくちゃ!!ウフフ

リポビタンDスーパー・・・・
私も飲んでみよっかな(・・)
Posted by 悠 at 2010年02月19日 08:50
「稟として」
文久であれ、平成であれ、日本人が日本人たる究極の姿を表現する言葉として、これ以外にあるだろうか?

「二つの顔」
あって当然です。むしろ無い奴がいたら、嘘だろ、と思います。

「マスコミ」
その名の通り、大衆に迎合する報道には辟易しています。
人には、「二つの顔」は勿論、「内面」と「外面」の表現力がバランスされて初めて「魅力」を生むものだと思いますが、例え演技で結果を出したとしても、「腰パン」が決してかっこ良いものとは小生には思えません。
そもそも、それを報道のネタにしているのが理解できません。

少し過激なコメントになってしまいましたが、「鴎外」や、敢えて「乃木」を批判的に(実際は同情的に)表現した「司馬遼太郎」のあまりにも「稟とした」生き様に遠い自分を想い、このブログに救いを求めているんだと、ご容赦を。

現代の龍馬

Posted by 現代の龍馬 at 2010年02月19日 21:00

現代の龍馬さん

このブログに救いを…(^^)
嬉しい限りです。
思う存分叫んで下さい。受け止めます。ウフ。

それにしても、高橋大ちゃん☆
敢えてここで龍馬さんに言うのも変かもしれませんが、
4回転を回避すれば金メダルに最も近い存在なのに、
それを達成しての「金」でなければ!
とプログラムを曲げなかった彼が・・・(;;)
愛おしくて愛おしくてたまりません。
これが日本の男じゃ!っと龍馬さんなら言いそう…
と思いました。
今度それを語りながら是非一献(^^)♪

Posted by 悠 at 2010年02月20日 15:45
まっこと、その通り。
さすが「お龍」、じゃなかった「お悠」じゃ。

ロシアの何某の挑発、日本の勝手なマスコミの「4回転回避」議論をものともぜず、よくぞ自分の意思で断じ賜えるものかな!

もし4回転を跳ばなかった後悔だけはしたくない、というか、跳んだ結果は全て受けいれるという「稟とした」姿勢に喝采ぜよ。

一献でも百献でも付き合うぜ。
Posted by 新旧龍馬 at 2010年02月20日 19:18
すみません
高橋大輔選手について反応してしまいました。
少し、コメントさせてください。

悠さんがよく言われる
「挑む姿は美しい☆」につきますね。
リスクを背負っての挑戦!!

今日、今年の抱負を何故かたてた私でした。
刺激です。
単純ですか?(笑)
Posted by スマイル at 2010年02月20日 22:28
新旧龍馬さん(笑)

昭和の終わりも終わり・・・
昭和61年、城下町に誕生した若き志士。

こんな風に輝ける☆若さを見ると、
なんか嬉しくて泣けてきます。。
いいやね〜(;;)ウルウル

Posted by 悠 at 2010年02月20日 22:57
スマイルさん♪

嬉しいです(^^)
まさに「挑む姿」は素敵でしたよね。
彼が演じた約4分間に、
どれだけの人が感動し、勇気付けられた事でしょう♪
同じ時代に生きていて良かった〜☆
と思う瞬間でした。

決して「単純」なのではなく、
「ピュア」だからこそ感動できる!っと、
思って(己の事も含めて)満足してます(^^)ウフ


Posted by 悠 at 2010年02月20日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。