2009年11月22日

「東京午前三時」

昭和33年。
29歳の青年航海士はその日、
45日間の航路を無事に終え徳山港に降りたった。
久しぶりに踏んだ陸地は、瀬戸内海に位置する山口の港。
もっとも彼の過去には、地球をぐるりと一周した武勇伝もある。
その時は、七ヶ月間もの長い船上勤務が続いた。
それを思えば、たった45日の海上生活など難なく終えた事だろう。

青年が、所謂「丘」へ上がったその夜。
同期三人で久しぶりに夜の繁華街へと繰り出す事にした。
ダンスホールが当時の大流行であり、
真っ白い制服を着たまま、彼等も一目散にそこへ向かった。

煙草の煙。
ブランデーの匂い。
流行の歌が聞こえる。
瞬時に彼等を、なんとも甘やかな夜へと誘っていく。

「東京午前三時」
フランク永井の歌が流れ始めたころ、
青年は一人の女性の目の前に立った。

「踊りませんか?」

長身の船員服姿が彼女にとってどれほど眩しくぴかぴか(新しい)映ったことか…。
彼女は、そっと右手を差し出した。

踊りながら彼女の話しを聞けば、
親や親戚に散々世話をしてもらい、ようやく決まった就職のため、
夕方、小郡駅を出発した夜行列車で東京へ向かう予定だったのだと言う。
ところが、親元を遠く離れた事のなかったその人は、
淋しくて、不安で、一時間もしないうちにたまらなくなりもうやだ〜(悲しい顔)
途中で飛び降りたのが「徳山」という駅だった。
しかし帰るに帰れず、このダンスホールでぼんやりと座っていたのだ。

目の前に差し出された手をそっとつかんだ時、
二人は何かを感じたのだろうか。


・・・・と、これが、
私自身の生命の誕生が約束された(?)日でもある。

この夜の父と母の出会いを聞くのが私はとても好きで、
何度も何度も同じ質問をしてきた。

母が弱虫であったこと。

父の船がその日、徳山港に停泊したこと。

そしてこの夜、「ダンスホールの出会い」

これがなければ今の自分も、兄たちも存在していない……。

よくぞ途中下車してくれた!バス手(グー)

私は時々、
なんとも幸せそうな「昭和」が香る
「東京午前三時」を聞きながら、その夜を空想して微笑む。
ニタニタ♪わーい(嬉しい顔)



posted by 悠(ゆう) at 22:53| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ〜
すごくロマンティック
そんな出会いもあるのですね〜

ご両親から何度も聞いて、
悠さんの頭の中では映像も出来上がってそう〜
☆ほのぼの☆
Posted by ホタピー at 2009年11月23日 00:57
ホタピーさん

早いコメント嬉しいです。
ありがとうございます。
もう少し言ってもいいですか(^^;?
最後の「ニタニタ」の中に、実は…。

青年が差し出した右手に時々、
ラチッタで二人が差し出してくれた右手
をダブらせます。

ポカッ (._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ

すみません^^;

Posted by 悠 at 2009年11月23日 02:06
眠らない夜東京か。
いや山口の話だよね。
いい話だね。出会いはほんと偶然ではなく
必然だよね。会うべくして会う。きっとそうなんです。
いい事も悪い事も含めてね。
その出会いから悠さんが生まれ、またそのあとに続く者が生まれ、そういうことが続いてきた結果が今だもんね。
先人たちの思いを受け止め活かし胸に秘めているひとは
素敵だよね。最近いろんな所へ出かけるんですが、
どんな山の中だろうが、都会だろうが、人は自分の
居場所をきっちりと踏まえ生きている人たちが多い事。
ずれたひともいますよ。でも前者は素敵に見えますよね。感動を覚える事も多々あります。
やっぱ人は素敵だし大好きです。
さてまたあっちこちと旅してきます。
どんな人に会えるか楽しみです。ワクワクどきどき!
Posted by higejiji at 2009年11月23日 09:49
Higejijiさん

「どんな山の中だろうが、都会だろうが、
人は自分の居場所をきっちりと踏まえ生きている……」

すご〜くよくわかります。

美しい景色も然る事ながら、
これぞ「旅の醍醐味」ですよね。
いいね〜旅は♪です(^^)

Posted by 悠 at 2009年11月23日 10:35
何やら小説のような出だし…
読み進むうちに、話の舞台から想像が働いた。
父君と母君のお話ではないかと^^
何ともドラマティックな出会いではないか。

私もそんな出会いを夢見ていた頃が確かにあったはず。
でも、出会いに「赤い糸」や「必然」を感じたことは無く…
ただ、出会いはいつも美しく感じられた。

その頃、「出会いはいつも美しい」なんて歌詞を書こうと思ったりもした。

立場や歳月、しがらみから放たれて、
また、あの頃のように出会いに心ときめかせて見たいものだ。

悠さん、束の間の淡い時間をありがとう。


Posted by 雑缶 at 2009年11月23日 16:46
♪君の横顔素敵だね・・・♪私は石原裕次郎でした。ご両親よりかなり後になりますが、ダンスホールでの熱い思い出。
私の場合は、縁を繋ぐ事も無く終わってしまいましたが、とても懐かしい!
離れた理由はともあれ
一度何らかの形でご縁のあった人、忘れられません。

心の財産となって、いつまでも心を豊かにしてくれます。

机に頬杖付いて、懐かしくしばしパソコンの手が止まり、ニンマリ

ご両親の素敵な出会い、ある意味情熱的なお話、お聞かせいただいて、有り難うございました。

Posted by スマイル at 2009年11月23日 17:22

雑缶さん

この世の全ての事は、
良きも悪しきも「必然」だといいますよね。
私はそれをあまりにも良い方にとりすぎて、
大きな失敗をしてしまったくち(?)
かもしれません(^^;

でも、大丈夫♪
それも含めて「必然」だと、まだ信じて懲りないのです。
缶ちゃんの「出会い」の詩。是非!読みたいなぁ♪

Posted by 悠 at 2009年11月23日 19:20
スマイルさん♪

スマイルさんは「裕次郎」でしたか(^^)
ダンスホールを体験されてるなんて、羨ましい〜☆
その夜のお話。
今度ゆっくりお聞かせ願いたいです。

私の時代の「ディスコ」→「クラブ」とは、
なんだか「品」が違うような気がして、
タイムカプセルかどこでもドアがあったなら、
是非一度行ってみたくて仕方がない心躍る時代です♪

筋金入りの「昭和好きv(・_・) 」

Posted by 悠 at 2009年11月23日 19:31
そうだよね(*^_^*)

悠の両親の出会いの場所(徳山)に私も10年近くお世話になりまして、思い出もたくさんあります。

徳山は山口県の中でも結構、賑やかな所ですよ。
当時、石油工場が盛んで、、大きなタンカー(石油を運ぶ船)が停泊して
船員さんはモテモテだったらしいので、お父さんもカッコ良かったから悠のお母様は一目ぼれっだったのでしょうね(*^_^*)

悠もこれから劇的な出会いがあると良いね(*^^)v

私も頑張ります(^O^)/

           KEIKO


Posted by keiko at 2009年11月24日 13:30
ハートにストライク。はじめまして。大ちゃんです。

悠さんの素晴らしきライフストーリーはこんなキラビヤカな“美しき約束”からスタートするんですね。うらやましいワイ。

決して計算したり準備したり、では起こり得ない出会いだもんね。

自分の心に素直に真っ直ぐ歩いて来た者達だけが引き寄せられちゃったんだな。まさにこの場所この瞬間に立ち会えるのは予定されてたからなんじゃないかね。

2人の水平線は時間と空間を飛び越えて次元の違う宇宙まで伸びちゃってるみたい。

どうか、お父様(祈)。私にその魔法の羅針盤をお貸し下さいませませ。
Posted by 大ちゃん at 2009年11月24日 14:45


KEIKOちゃま

横浜ラーメン博物館に行ったとき、
よく昔の話に花が咲きます(^^)

今度行こうよ♪

んん(・・?劇的な出会い?
私はすぐに勘違いするからいいや^^;
Keikoは頑張れ〜(^O^)/

Posted by 悠 at 2009年11月24日 14:47
大ちゃんだ!
d(⌒o⌒)b♪ワーイ 嬉しいです。

そう。。
父のその魔法の羅針盤に引き寄せられ、
大ちゃんは私の前に(?)母の前に(?)
現れたのです・・・なんちゃってヾ(^o^;)

転勤するなぁー!
早く帰って来ますように…(-m-)” パンパン

Posted by 悠 at 2009年11月24日 15:01
これは、「ストライク」だなあ・・・
思い切り、昭和の匂い。

この手の話は、都会の喧騒の中より、
地方の喧騒の中での方が似合うのは
何故だろう?

時間が、今よりゆっくり流れているようにも錯覚させてくれる。

うまいね、これ。

因みに、その年、平成の龍馬はこの世に出現したってのも、必然??
Posted by 龍馬 at 2009年11月24日 15:41
龍馬さん

おおおーw(*゚o゚*)w
そうだね。

昭和33年は龍馬さん出現でしたか^^
そう。
それも間違いなく「必然」」です。

そう言えば龍馬の没年も33歳だっけ(・・?
ん?32か?

Posted by 悠 at 2009年11月24日 17:18
どちらも正解かも。

天保6年(1835年)に生を受け、

慶応3年(1867年)に天に昇った。

劇的なのは、いずれも11月15日の出来事だった。
Posted by 龍馬 at 2009年11月26日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。