2010年09月27日

「追い込み馬」


9月26日(日)


二日間の栃木取材で、
憧れの女性に初めてお会い出来た。
99歳の詩人として、
今や「時の人」となられた柴田トヨさん。

新聞に、雑誌に、テレビにと、
引く手数多の日々に、
私たちも約2時間、貴重なお時間を頂戴する事が出来た。

行きの道中、同行したプロデューサーが
「人間は90を超えると神様の域に達するらしい」
と話されていたが、
確かに、挨拶を交わしたときの満面の笑みには、
本当に神々しい輝きぴかぴか(新しい)があったと実感。

お疲れにならない程度の量(質問)を考え、
様々な話を聞かせて頂いたなかで、
14日の朝刊に掲載された新しい詩「競馬」の話があった。
息子さんが嗜まれる競馬を、
テレビで見ていて生まれた作品なのだろうか、
その詩についてトヨさんは仰る。
「私は先に行く逃げ馬よりも、
 最後の最後で馬群を抜いて躍り出る『追い込み馬』が好きなんです」

なるほど!ひらめき
65万部を超える大ベストセラー本「くじけないで」は、
日販ブックランキングで第1位の本としても紹介されている。

「今がいちばんしあわせです」

と微笑む99歳のおばあちゃまは、
今まさに、先頭に躍り出た「追い込み馬」宛ら、
ものすごい勢いでトップを走っておられる。
本当にすごい!すごいなんてもんじゃないわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

帰り際、
「また来てちょうだいね。私は人が来るのが好きなのよ」
少し涙目でしっかりと手を握って下さった。
「ハイ!必ずまたお邪魔させて頂きますトモ。(;;)ウルウル」

画像 023.jpg

写真は、
今発売中の人気女性雑誌【SPUR―11月号】に
トヨさんの記事が掲載され、
そのページをご覧になっているトヨさん。



posted by 悠(ゆう) at 00:38| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。